親のむし歯と赤ちゃんの関係 − キシリトールで環境改善 −


『むし歯』は、むし歯菌のだす、酸によって歯が溶けること(脱灰)で起こります。

赤ちゃんは無菌状態で生まれてくるため、最初はお口の中にむし歯菌は存在しません。それではどうしてむし歯になるのでしょうか?


それは近親者(ママやパパ)の口うつしなどによって菌がうつるからです。


しかしそれは重要なコミュニケーションであり、また悪い菌だけでなく良い菌も受け継がれることを考えると、かわいい子供に対して口移しをするなとは、難しい話です。

そう考えると、親のむし歯菌を減らすことが、子供のため・自分のためにできるむし歯予防手段です。
現在はそのむし歯菌を「キシリトール」などで減らすことが可能です。


むし歯菌は食物中の砂糖を栄養源とし、その代謝物を酸として排出します。
キシリトールを摂取することにより、むし歯菌は砂糖の代わりに
キシリトールを取り込み、栄養源を断たれます。
そうなるとむし歯菌は酸を排出しません。

妊娠中の「マイナス1歳」からキシリトールを摂取されることにより、
むし歯菌の子供への感染が5分の1に抑えられる
ことも証明されています。
またママだけではなく、パパやおじいちゃん、おばあちゃんの近親者も心がけることでさらに感染率は下がると考えられます。


そこで、『キシリトールによるマイナス1歳の取り組み』はいかがでしょうか。

摂取方法など詳細はお気軽に、にしぐち歯科医院にお尋ねください。
(当然ですが、むし歯菌を減らすためには、むし歯の治療が終わっていることが需要です)